111

後ろ手を引く

逢魔 いつみ 2019年02月06日 一般 純文学

2016年ごろ、諸々の鬱屈に任せて執筆した短編小説です。
長編にしようと思っていたのですが気持ちが続かず筆を折り今に至ります。
加筆修正は書ききった後も時々行ってはいたはずなのですが埋まっていたものを発掘しただけなので記憶が曖昧です。

目次