676

ミッシング・パフォーマー

瀬川 巽 2018年08月24日 在校生 恋愛

 将来はプロピアニストになるはず、誰もがそう思っていた彼の左手はもう動かない。
 そんな彼の前に現れたのは、ピアノ初心者の少女だった。
 その少女の才能に感化した彼は自分の技術を教え、夢である最高の演奏をしてもらうことを望んだ。
 だが、少女には長くピアノを弾けない理由があった……。

目次